九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

研究紹介

生体材料・力学研究(股関節)

中島康晴教授の指導のもと、濵井 敏講師(医学部)、藤井政徳助教、川原慎也助教、および大学院生7名(岩本美帆、酒見勇太、塩本喬平、清原壮登、北村健二、原田 知、原田哲誠)で担当し、主に股関節の形態的、動...続きを読む

特発性大腿骨頭壊死症研究

中島康晴教授の指導のもと、教官3名(本村、池村、山口)と大学院生5名(馬場省次、河野紘一郎、末次弘征(理化学研究所)、徐明剑、山本典子)で、大腿骨頭壊死症や類似疾患に関する研究を行っています。ここでは...続きを読む

生体材料・力学研究(膝関節)

バイオメカニクスグループ(膝関節)は、人工膝関節や骨切り術に対して3次元骨モデルを用いたコンピュータシミュレーション解析や、透視画像を用いた術後膝関節動態解析などの研究を、膝関節班の教員(水内秀城助教...続きを読む

軟骨代謝研究

赤崎幸穂(助教)、津嶋秀俊(助教)、大学院生5名(倉員市郎、居石卓也、遠矢政和、桑原正成、内田泰輔)は、変形性関節症や関節リウマチなどの関節炎の病態解明および軟骨分化における分子メカニズムの解析をテー...続きを読む

軟骨再生研究

関節軟骨は瞬間的に体重の数倍もの衝撃を受け止めながら繰り返しの関節運動に耐える滑らかな組織で、血行が無いという特徴を持っています。成人では、軟骨は一度損傷すると乏血行性により自然修復がほとんど期待でき...続きを読む

骨軟部腫瘍研究

腫瘍グループ基礎部門は、教官3名(松本 嘉寛・遠藤 誠・薛 宇孝・藤原 稔史)、大学院生4名(中川 亮 <国立中央がんセンター>・八尋 健一郎・木村 敦・島田 英二郎)のメンバーで主に以下...続きを読む

神経再生研究

一度損傷を受けた哺乳類の中枢神経は再生しないと信じられてきましたが、ここ十数年の中枢神経系の幹細胞生物学の急速な発展により、神経幹細胞と呼ばれる細胞が成体にも存在することが明らかとなりました。さらにこ...続きを読む

現在実施中の観察研究一覧

■ 日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究 ■ 股関節症の病態解明と矯正骨切り術および人工股関節置換術の術後成績に関する後ろ向き研究 ■ 大腿骨頭壊死症および骨壊死類似疾患の画...続きを読む