九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

医学生・研修医の方へ
整形外科は脊椎から手・足に至るまでの運動器疾患を扱う、非常に範囲の広い診療科です。疾患は骨折を含む外傷、脊椎疾患、上肢(肩関節、手)、下肢(股関節・膝関節・足関節)、腫瘍、関節リウマチ、形成外科とその分野はさまざまであり、各分野に専門家が必要な診療科と言えます。対象とする年齢層も幅広く、小児からスポーツ選手を含む学生や成人、高齢者から近年では超高齢者までが整形外科の対象者に含まれます。このため整形外科医に対する社会的なニーズは非常に高いのが現状です。 その中で九州大学整形外科は、各分野の専門家を有し、福岡を中心とした九州、山口、遠くは北海道において、一般的な整形外科疾患から各専門分野まで、文字通り幅広く、積極的な診療、教育を行っています。 九州大学整形外科では、卒後3年目以降の先生方を対象に整形外科専門研修プログラム登録希望者(初期臨床研修を終えた、いわゆる後期研修への登録)を募集しています。毎年20名前後の先生に登録いただいており、非常に活気に溢れています。研修先の病院は、出身大学に関係なく、毎年自らの手で引く抽選で決定するという、極めて公平なプログラムです。臨床コースと大学院コースを、自分の意思で選択する事が出来ます。いずれも一流の病院での研修を通して整形外科臨床の知識と経験を深める事が出来、さらに希望すれば最先端の基礎的、臨床的整形外科研究を行うことが出来ます。 私たちと一緒に臨床に、研究に取り組んでいく仲間を、一人でも多くお待ちしています。
九州大学整形外科学教室
見学希望の方へ
研修システム
関連病院
募集要項
説明会一覧
よくある質問
先輩からのメッセージ