九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

研修システム
実力のある整形外科医になるために
臨床研修において最も重要なことは数多くの症例を経験することです。多くの症例を通して、それぞれの疾患を理解し、診断法と治療法を自分の中に積み上げていくことが必要です。そのためには症例の豊富な病院で研修することはもちろんですが、単一の施設での研修では症例や治療法に自ずと偏りが生じ、広い視野と技術を修得することは不可能です。複数の病院で研修することによってこそ臨床医としての幅を拡げることが可能となります。
私たちの専門研修プログラムでは、それぞれ特色ある、関節外科、脊椎外科、骨軟部腫瘍、リウマチ性疾患、小児整形外科、手の外科、足の外科、スポーツ整形外科など整形外科のあらゆる分野における専門的知識、治療方法を学ぶことができます。多くの病院で研修1年目より手術執刀の機会があり、各々の技量に応じて次第に様々な手術の執刀が可能となります。
研修病院は全て地域の中核的な病院であり、最高度の知識と技術の修得が可能です。ローテーションする病院の順番は個人により異なりますが、この研修終了時には、全員が日本整形外科学会専門医を取得し、十分な知識と技術を修得できるものと確信しています。
研修システム

臨床コース

専門研修プログラムの1-2年目は、外傷をはじめとして多くの疾患を対象にしている総合的病院で整形外科の基本を学び、その後に各専門分野の研修を行います。整形外科の基本の1つは骨折脱臼を中心とした外傷です。総合的病院の多くは救急医療も併せて行っていますので、最初の2年間で基本的な知識と技術を修得することを目標とします。

3-4年目は、関節外科、脊椎外科、骨軟部腫瘍、小児整形など専門分野に特化した病院群で研修し、さらに多くの知識と技術を習得します。各病院は原則的に1年の勤務とし、毎年ローテートをします。

新専門医制度に則り、研修3年9ヶ月で45単位取得が可能なプログラムを策定しています。単位取得の時点で日本整形外科学会専門医試験の受験資格を得る事が出来ます。専門医取得後引き続き研修を行い、専門分野の実力を磨いた後に計6年間の研修を終了します。
臨床コース

大学院コース

臨床力のみならず、科学的視野も併せ持ち、Physician Scientistとして次世代の国際的リーダーを養成することを目的としています。通常研修4年目より進学し、4年間で研究成果をまとめて学位(医学博士号)を取得します。その間に専門医試験を受験することができます。学位を取得の後は、海外留学もしくは関連病院での臨床研修を行います。 大学院への進学は、すべて本人の希望に基づいて決定しています。研修3年目までに進学希望を申し出てください。

※九州大学整形外科はそれぞれの地域の中核をなす関連病院が全国に48箇所あり、日本で最も研修機会に恵まれた組織です。これらの病院を、抽選の上、個人の希望で選択する極めて公平・平等な研修プログラムです。これは日本でも他に類のない研修制度です。医局からの強制で研修先がきまることは決してありません。
臨床コース