九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

専門グループ紹介
小児整形グループ

小児整形外科疾患の診療は、中島康晴、山口亮介が担当しています。外来初診日は月曜日と水曜日の午前中で、再来日は月曜日の午前中、水曜日です。

 

対象とする疾患

股関節疾患(発育性股関節形成不全、乳児股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症)

下肢変形疾患(内反膝、外反膝、脚長不等)

足部疾患(先天性内反足、足根骨癒合症、尖足、外反扁平足)

頭頸部疾患(筋性斜頚、Sprengel変形)

腫瘍性疾患に伴う四肢変形

骨系統疾患(骨形成不全症、軟骨無形成症、脊椎骨端異形成症、多発性骨端異形成症)

症候性骨関節異常(染色体異常、遺伝子異常などによる各種症候群)

 

股関節疾患:

乳幼児健診での股関節所見陽性例に対する二次検診から治療まで行っています。先天性股関節脱臼、発育性股関節形成不全と診断した場合には、生活指導や装具治療を基本とし、難治例に対する牽引治療や将来的な手術治療も行っています。発育性股関節形成不全に伴う大腿骨頭被覆不良な股関節に対しては、幼児期、学童期、思春期、成人期と年齢に応じた様々な骨切り術を行っているのが当科の特徴です。ペルテス病に対しては、発症時年齢や骨頭圧潰の程度に応じて、可動域訓練治療、装具治療、手術治療を行います。大腿骨頭すべり症に対しては、準緊急的にin situ pinningや観血的整復内固定術を行っています。

 

 

下肢変形疾患:

内反膝、外反膝、脚長不等は原疾患に応じて治療を行っています。ビタミンD欠乏性くる病に伴う内反膝(O脚)は生活環境改善とともに自然軽快することがほとんどです。低リン血症性くる病に伴う内反膝は、将来的に骨切り術を必要とする場合もあります。その他の内反膝や様々な疾患に伴う外反膝(X脚)に対しては、骨端軟骨成長抑制術にて改善が認められることが多くなってきました。脚長不等に対しては、病態と年齢、程度に応じて補高装具や手術を行います。骨端軟骨成長抑制や創外固定を用いた脚延長術も行っています。

足部疾患:

先天性内反足は、国際的に広く行われているPonseti法によるギプス矯正治療を可及的早期に開始します。難治例や再発例に対しては、手術治療を行います。足根骨癒合症は主に癒合部分離術にて症状の改善を図ります。尖足に対しては、病態に応じて、可動域訓練指導、装具治療、手術治療を行います。

頭頸部疾患:

新生児期の筋性斜頚は、自然軽快することが多いですが、年長児における遺残が認められた場合には、切腱術を行います。肩関節可動域制限を伴うSprengel変形に対しては、肩甲骨下降術を行います。

腫瘍性病変に伴う上肢変形疾患:

多発性外骨腫症に伴う腫瘍性病変や、前腕変形に対して、骨延長術を併用した骨切り術を行っています。

骨系統疾患、症候性骨関節異常:

骨形成不全症や軟骨無形成症、脊椎骨端異形成症、多発性骨端異形成症、染色体異常、遺伝子異常による各種症候群などで、骨関節に病変が認められる場合、小児科と連携しながら、状態に応じた治療を行っています。

(文責:山口 亮介)