九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

専門グループ紹介
脊椎グループ

脊椎グループの診療は、松本嘉寛、川口謙一、松下昌史、幸博和、飯田圭一郎、小早川和で担当しています。脊椎とはいわゆる背骨のことであり、その中を通る神経も含めて治療の対象としています。脊椎・脊髄疾患の症状としては、腰痛、頚部痛などに加え、四肢の神経痛や手足の運動障害・しびれ、歩行障害などがあります。これらの症状によって日常生活動作に支障を来たすことも多く、的確な診断のもとに症状を改善するための適切な治療を心がけています。手術が必要と考えられる場合には、患者さんや家族の方へ疾患の病態、手術を受けることによる利点、さらにリスクについても説明し、十分に理解して頂いた上で治療方針を決めることが重要だと考えております。

 

当科脊椎グループではあらゆる脊椎・脊髄疾患を治療の対象としており、比較的日常診療でよく見かける頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎変性すべり症、腰椎分離症などの他、大学病院の特徴として、側弯症などの脊柱変形や脊柱靱帯骨化症、脊椎・脊髄腫瘍なども数多く治療しております。

 

また、他科との連携が行いやすい利点を活かして、重い合併症を有する患者さんに対しても安全に手術を行うことができるばかりでなく、特殊なアプローチが必要な手術も可能となっています。

 

さらに最近では、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などに対して侵襲の少ない内視鏡視下手術も取り入れ良好な成績を得ています。

 

近年は高齢者の脊椎手術症例も増加しておりますが、クリティカルパスなどを活用し早期離床、早期社会復帰を心がけています。
 

代表的な疾患とその治療内容

(1)脊椎変性疾患

頚椎や腰椎の変形により脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなり、脊髄や神経根、馬尾神経が圧迫されることによって、四肢の神経痛、脱力、感覚障害、間欠性跛行、手が不器用になる、歩行が不安定になるなどの神経症状が出現します。手術では神経の圧迫を解除することを目的に椎弓形成術や椎弓切除術を行い、症例によっては脊椎を固定する手術を行うこともあります。

 

(2)脊柱側弯症

脊柱側弯症に対しては、中等度の側弯にはコルセットによる保存治療、側弯が進行し、高度になった症例に対しては、脊柱を矯正する手術治療を行なっております。成人脊柱変形の症例に対しても、姿勢異常による日常生活動作に支障が生じている場合には手術治療も行っております。

 

(3)脊椎・脊髄腫瘍

当院ではPET-MRIが導入されており、原発性および転移性の脊椎腫瘍の解剖学的、機能的評価を同時に行うことができ、より正確な診断が可能となっております。腫瘍の大きさや部位、種類によって、手術による腫瘍摘出術や放射線治療、化学療法などを組み合わせて治療を進めていきます。

 

(文責:川口謙一)