九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

専門グループ紹介
足の外科グループ

足の外科は、藤原稔史、津嶋秀俊、山口亮介が担当しています。

 

足は感覚が鋭敏であるため痛みを生じやすい部位ですが、痛みを生じる要因(疾患)は数多く、診断には専門的な知識が必要となることもしばしばです。ひとりひとり異なる足の症状に対し、CTやMRI、エコーなどを用いて正確な評価を行い、足底板や靴による治療を行うのか、あるいは手術を行うのかを、患者さんと話し合った上で選択しています。

 

対象疾患

前足部の障害:外反母趾、強剛母趾、種子骨障害、ハンマートウ変形、フライバーグ病、モートン病、内反小趾、リウマチによる足趾変形

中・後足部の障害:変形性足関節症、扁平足、後脛骨筋機能不全症、足根管症候群、足底腱膜炎、リスフラン関節症、アキレス腱障害、足部変形(麻痺、外傷後、関節リウマチ)

スポーツ障害:足関節靱帯損傷、距骨骨軟骨障害、三角骨障害、インピンジメント症候群、腓骨筋腱脱臼、アキレス腱断裂

小児の足部疾患:先天性内反足、足根骨癒合症、有痛性外脛骨、麻痺性足部変形

 

外反母趾:足の親指の付け根が内側に飛び出し、先端が外に向かう変形です。親指の付け根や第2足趾の付け根が痛くなり、履ける靴が少なくなります。症状の強い場合には、骨切り術を行い、変形を矯正します。金属プレートを用いた強固な固定によって、術後の回復も早く、良好な治療結果が得られています。

 

スポーツ障害:足関節外側靭帯損傷や、三角骨傷害、距骨骨軟骨傷害といったスポーツ活動に多い足部の疾患に対しては、早期のスポーツ復帰を考慮して、関節鏡を用いた治療を積極的に行っています。手術による侵襲が少なく、また術後の痛みが軽いため、入院期間も短くなります。

 

関節リウマチの足趾変形:足のいろいろな部位に胼胝(タコ)ができ、進行すると市販の靴を履くことが難しくなります。従来の関節固定術に加えて、関節を温存する骨切り術を用いて、足部の機能保持を目指しています。(リウマチグループ紹介記事参照)

 
(文責:福士 純一)