九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

研究紹介

生体材料・力学研究(股関節)

中島康晴教授の指導のもと、濵井 敏、藤井政徳、川原慎也、佐藤太志、塩本喬平および大学院生(清原壮登、北村健二、原田 知、原田哲誠、柴原啓吾)、研究生(石橋正二郎)で担当し、主に股関節の形態的、動態力学...続きを読む

特発性大腿骨頭壊死症研究

大腿骨頭壊死グループでは、原因不明の難病疾患である大腿骨頭壊死症の病態解明や予防法の開発を目指した基礎的な研究から、手術治療成績の向上を目的とした臨床的な研究まで、多面的なアプローチで研究を行なってい...続きを読む

バイオメカニクス(膝関節)

バイオメカニクスグループ(膝関節)は、①イメージマッチング法を用いた膝関節動態解析、②高位脛骨骨切り術の術前計画、③軟骨変性の質的・量的評価などの研究を、膝関節班の教員(濵井 敏、赤崎幸穂、津嶋秀俊、...続きを読む

軟骨研究

赤崎幸穂(助教)、津嶋秀俊(助教)、居石卓也(特別研究員)、大学院生4名(遠矢政和、桑原正成、内田泰輔、筒井知明)は、変形性関節症や関節リウマチなどの関節炎の病態・治療薬開発および軟骨分化・再生におけ...続きを読む

骨軟部腫瘍研究

腫瘍グループ基礎部門は、教官3名(松本 嘉寛・遠藤 誠・薛 宇孝・藤原 稔史)、大学院生4名(中川 亮 <国立中央がんセンター>・八尋 健一郎・木村 敦・島田 英二郎)のメンバーで主に以下...続きを読む

脊椎脊髄疾患研究

当グループの目標は、患者さんへの治療応用や整形外科学の発展に貢献できるよう、新しい情報をトップレベルのサイエンスとして世界に発信することです。これまでに多くの優れた成果を挙げ、我が国の整形外科基礎研究...続きを読む

現在実施中の観察研究一覧

■ 日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究 ■ 股関節症の病態解明と矯正骨切り術および人工股関節置換術の術後成績に関する後ろ向き研究 ■ 大腿骨頭壊死症および骨壊死類似疾患の画...続きを読む