九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

スタッフ紹介・大学院生
教員 大学院生 医院

井浦 広貴(いうら ひろたか)

平成23年卒
研究分野 脊椎脊髄(SSP幹細胞ユニット)

 

ひとこと:

整形外科医としての着眼点を大切にして、基礎研究と臨床をつなげる“おもしろい”研究ができるよう頑張りたいと思います。

伊東 良広(いとう よしひろ)

平成24年卒

研究分野 骨軟部腫瘍(病理)

 

ひとこと:

骨・軟部の腫瘍に関して病理学的な研究に従事しています。
将来の医療に少しでも貢献できるように、日々努力して参ります。

筒井 智子(つつい ともこ)

平成24年卒
研究分野 リウマチ・骨代謝

 

ひとこと:

リウマチ・骨代謝に関する研究を行っていきます。

病気で悩む患者さんの将来の治療に役立てるように研究に励みます。

大野 瑛明(おおの てるあき)

平成24年卒
研究分野 神経薬理

 

ひとこと:

現在、脊椎と痛みについて研究し、日々精進しております。

よろしくお願いします。

北村 健二(きたむら けんじ)

平成24年卒
研究分野 股関節

 

ひとこと:

股関節の研究をしています。

臨床につながる研究をして、少しでも患者さんの力になれるように日々努力したいと思います。

桑原 正成(くわはら まさなり)

平成24年卒
研究分野 軟骨代謝

 

ひとこと:
軟骨代謝に関する研究に従事しております。

新たな治療の一手となる発見ができるよう研究に邁進していきたいと思っております。

島田 英二郎(しまだ えいじろう)

平成24年卒
研究分野 骨軟部腫瘍

 

ひとこと:

指導して下さる先生や同じグループの先輩に恵まれ、充実した研究生活を送っております。

学位をとるための研究ではなく、医学の発展に貢献するための研究ができるよう、邁進していきます。

原田 知(はらだ さとる)

平成24年卒
研究分野 股関節・膝関節のバイオメカニクス

 

ひとこと:

臨床に役立つようなバイオメカニクスの研究に努めて参ります。

廣瀬 毅(ひろせ たけし)

平成23年卒

研究分野 骨軟部腫瘍

 

ひとこと:

非常に稀な病気ですが、困っている患者さんの病気の解明につながる研究を行って参ります。

原田 哲誠(はらだ てつなり)

平成24卒

研究分野 股関節・膝関節のバイオメカニクス

 

ひとこと:

股関節と膝関節について研究してしていきます。

臨床に繋がるよい研究ができるよう精進して参ります。

春田 陽平(はるた ようへい)

平成24年卒

研究分野 脊椎・脊髄

 

ひとこと:

脊髄損傷後に起こる病態生理を科学的に明らかにすることに加え、機能回復を促し臨床に活かすことができる治療を研究しています。

内田 泰輔(うちだ たいすけ)

平成25年卒

研究分野 軟骨代謝・膝関節

 

ひとこと:

関節軟骨変性について研究を行っており、変形性関節症に対する新しい治療を開発できるよう努力しております。

関節の痛みを訴える患者さんが少しでも減るよう努力致します。

甲斐 一広(かい かずひろ)

平成25年卒

研究分野 リウマチ・骨代謝

 

ひとこと:

リウマチや骨代謝の病態はまだ不明な部分が多い分野です。少しでも病態解明に貢献できればと考えております。

薄 陽祐(すすき ようすけ)

平成25年卒

研究分野 骨軟部腫瘍(病理)

 

ひとこと:

病理学の分野で研究に励み、医療に貢献していきたいと考えております。

多治見 昂洋(たじみ たかひろ)

平成25年卒

研究分野 疫学・公衆衛生

 

ひとこと:

整形外科分野での臨床・疫学研究を推進し、様々な疾患の病態解明や予防、治療法の確立に少しでも尽力したいと考えています。

美山 和毅(みやま かずき)

平成25年卒
研究分野 AIと医療の融合

 

ひとこと:

まだ具体的にどんな事ができるのか全く未知数ですが未知数であるからこそ新しい道を切り拓けるよう努力していきます!

山本 典子(やまもと のりこ)

平成25年卒

研究分野 骨壊死

 

ひとこと:

主に骨壊死に関する研究に従事しています。

今後の医療に役立てるような研究ができるように頑張ります。

有隅 晋吉(ありすみ しんきち)

平成25年卒

研究分野:リウマチ・骨代謝

 

ひとこと:

高齢化社会を迎え、関節リウマチの高齢化と骨粗鬆症治療の重要性が高まっています。
日々尽力し、世の為になる研究に努めて参りたいと思います。

金堀 将也(かなほり まさや)

平成24年卒

研究分野 骨軟部腫瘍

 

ひとこと:

骨軟部腫瘍は比較的稀な疾患ですが、小児も罹患し得る、極めて重大な疾患であります。
より良い治療方法につながる研究成果が得られるよう、邁進して参ります。

柴原 啓吾(しばはら けいご)

平成26年卒

研究分野 生体材料学

 

ひとこと:

多くの先生方に勉強させていただきながら人工骨を用いた基礎研究に研究に勤しみたいと思います。

筒井 知明(つつい ともあき)

平成26年卒

研究分野 軟骨代謝

 

ひとこと:

軟骨代謝について研究を行なっております。
今後の医療の発展に少しでも貢献できるよう、日々精進して参ります。

吉野 宗一郎(よしの そういちろう)

平成26年卒

研究分野 発育性股関節形成不全症のゲノム研究(理化学研究所)

 

ひとこと:

ゲノム研究の目的はある疾患にかかりやすい人とかかりにくい人の遺伝情報の違いを見つけ出し、最終的に治療に結びつけることにあります。
発育性股関節形成不全症にかかりやすい人の遺伝的な共通点を見つけ出し治療に結びつけるべく研究を進めています。

田中 秀直(たなか ひでなお)

平成26年卒

研究分野 小児・骨壊死

 

ひとこと:

小児整形、中でも骨壊死について研究させていただいております。

少しでも医療の発展に貢献できるよう尽力致します。

 

 

小野 玄太郎(おの げんたろう)

平成27年卒

研究分野 脊椎脊髄(SSP幹細胞ユニット)

 

ひとこと:

研究を通して少しでも臨床分野の発展に寄与できるよう取り組みたいと考えています。

川口 健悟(かわぐち けんご)

平成28年卒

研究分野 骨軟部腫瘍(病理)

 

ひとこと:

病理の視点から骨軟部腫瘍の研究をしています。
原因、病態の解明や治療法の開発につながる発見ができるよう邁進していきます。

綾部 裕介(あやべ ゆうすけ)

平成27年卒
研究分野 大腿骨頭壊死

 

ひとこと:

主に大腿骨頭壊死症の研究に従事しております。今後の医療に少しでも貢献できるよう日々尽力致します。

大山 龍之介(おおやま りゅうのすけ)

平成26年卒
研究分野 骨軟部腫瘍

 

ひとこと:

基礎医学の観点から病気のメカニズムを考え、臨床医学に繋がるような研究ができるよう精進します。

北出 一季(きたで かずき)

平成27年卒
研究分野 脊椎脊髄

 

ひとこと:

脊椎脊髄疾患でお悩みの患者様に貢献できる成果を目指した基礎研究を行っています。

國分 康彦(こくぶ やすひこ)

平成29年卒
研究分野 股関節・膝関節 バイオメカニクス

 

ひとこと:

膝関節、股関節のバイオメカニクスの研究を行っております。今後の医療の発展の力になれるよう日々努力して参ります。

瀬戸山 優(せとやま ゆう)

平成27年卒
研究分野 疫学・公衆衛生

 

ひとこと:

久山町研究の一員として疫学研究に従事しております。将来の医療に貢献できるよう精進して参ります。

田代 英慈(たしろ えいじ)

平成27年卒
研究分野 上肢・肩関節

 

ひとこと:

臨床で生じた疑問をテーマに研究に尽力してまいります。

鶴居 亮輔(つるい りょうすけ)

平成27年卒
研究分野 リウマチ・骨代謝

 

ひとこと:

主にリウマチの研究に従事しております。日々尽力し、今後の医療の発展に貢献できるように頑張ります。

谷口 良太(たにぐち りょうた)

平成27年卒
研究分野 軟骨代謝

 

ひとこと:

変形性関節症の治療薬の開発へとつながるような研究を目指して、日々頑張ります。

古川 寛(ふるかわ ひろし)

平成27年卒
研究分野 骨軟部腫瘍(病理)

 

ひとこと:

骨・軟部腫瘍に関して病理学的な視点から研究しています。
将来の医療に貢献できるように努力して参ります。

山手 智志(やまて さとし)

平成27年卒
研究分野 股関節バイオメカニクス、ビッグデータ解析・医療経営・管理学

 

ひとこと:

医療分野の情報化で得られた新たな発見が、少しでも多くの皆さんの健康に結びつくように、研究に励みたいと思います。

山名 真士(やまな まさし)

平成26年卒
研究分野 AIと医療の融合

 

ひとこと:

AIを通して今後の医療に少しでも貢献できるよう日々精進して参ります。

教員 大学院生 医院