九州大学 整形外科学教室
九州大学大学院医学研究院臨床医学部門
外科学講座整形外科学分野

対象とする疾患
わたしたち九州大学病院整形外科では、骨、関節、靭帯、脊椎・脊髄、筋肉、末梢神経といった運動器の様々な疾患に、最新の設備と高度な技術をもって対応しています。
・骨軟部腫瘍:悪性骨腫瘍、悪性軟部腫瘍、転移性骨腫瘍、良性骨軟部腫瘍
・股関節:変形性股関節症、大腿骨頭壊死症
・膝関節:変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、膝蓋骨亜脱臼
・脊椎・脊髄:椎間板ヘルニア(頚椎〜腰椎)、頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変形すべり症、腰椎分離症、脊柱側弯症、脊柱靱帯骨化症、脊椎腫瘍・脊髄腫瘍
・足の外科:外反母趾・変形性足関節症・足関節靭帯損傷・距骨骨軟骨傷害
・肩関節:腱板断裂、(反復性)肩関節脱臼、スポーツによる肩障害
・手の外科:末梢神経損傷、手の先天性奇形、野球肘
・小児整形:先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、先天性内反足
・リウマチ性疾患:関節リウマチ、強直性脊椎炎、掌蹠膿疱症性骨関節炎