TOP - 診療案内 - 手・上肢の外科グループ
手・上肢の外科グループ
臨床 手・上肢
概要
上肢とは腕を支えている肩甲骨、鎖骨から上腕、手指までをさします。「手」は極めて巧妙につくられており、その機能も握る、摘む、はじく、たたくなどの運動機能に加え、ものを触って識別するなどの非常に複雑な機能を有します。
その「手」という重要な機能を有する臓器を使うためには手を目的の場所まで到達させる必要があります。そのためヒトは「肩」をつかって手のむかう方向を決定し、「肘」で手を位置まで到達させ、「手関節」でその手の向きを決定します。これらどれ一つ機能が欠けても、日常動作が困難となり、生活の質が低下してしまいます。私たちは肩甲骨部から手指までのあらゆる疾患、外傷を担当させていただいています。上肢の障害はヒトの日常生活のみならず労働・芸術・スポーツなど、ヒトとして文化的な作業に与える影響が極めて大きく、患者さんにとっては、生き甲斐や社会的な活躍の場を失ってしまう状況に陥ります。患者さんの求めていること、希望していることを正しく理解し、最善で安全な医療を行うことが我々の使命であると考えます。そして患者さんに安心して医療を受けていただき、信頼していただけるように努めていきます。
臨床実績
メンバー
助教
鍋島 央Akira Nabeshima
助教
小薗 直哉Naoya Kozono
業績一覧
代表的な疾患と治療法

我々が担当する疾患は下記に記すとおり多岐にわたります。関節鏡視下手術から顕微鏡下手術(マイクロサージャリー)までの様々な手技を身につけ、「関節に対する手術法」、「筋・腱に対する手術法」、「末梢神経に対する手術法」、「血管に対する手術法」といった治療にあたることが必要となります。我々のグループでは、これらの手外科手術を的確に行うことのできる医師の育成にも力を入れています。

・手指屈筋腱、伸筋腱断裂に対する腱縫合、腱移行術

・手根管症候群に対する小皮切手根管開放術

・変形性手関節症・母指CM関節症に対する関節形成術、関節固定術

・手関節障害に対する手関節鏡視下手術

・関節リウマチによる上肢障害に対する再建術や人工関節置換術 (人工肘関節、人工指関節置換術)

・末梢神経損傷に対する神経縫合術、神経移植術

・肘関節鏡視下手術(滑膜切除術、肘関節形成術、遊離体摘出術)

・肘部管症候群に対する神経移行術

・野球肘や上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する再建手術

・末梢神経損傷に対する神経縫合術、神経移植術

・骨折治療(橈骨遠位端骨折など)